介入において感じたこと - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » FX日記 » 介入において感じたこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介入において感じたこと


きょうは、急な日程が入りましたので、予定通りオフになりました。
父親がお世話になっている介護施設を訪問して、父親の様子を看てきます。

14日の火曜日は、仕事が忙しい中、父親を検診のために病院に連れて行きましたが、
相変わらず、快復を見込めない状態です。
来月の検診の予約をして、出された処方箋で薬を受け取り、介護施設に。
夜になると、いろいろと問題を起こすので、睡眠薬も処方されました。
父親を送ってから、事務所に急いで戻りました。
事務所に戻ると、「大変でしたよ~」と・・・
電話応対が結構大変だったようでした。

一昨日の10時半過ぎに当局は市場介入を行いました。
先月から周到に準備された市場介入でした。

昨日、市場介入を行うまでの裏話が報道されましたが、
その報道で感じたことは、
現在においても作為的な報道が行われていると・・・

県知事動向は報道機関において把握しているのが常ですから。

ということは、
報道される事柄だけで判断を下すことは誤った結果をもたらすことにもなりそうです。
できるだけ真実を見極めることを心掛けていきたいです。

このことは、何も為替取引に関することだけではなさそうです。

日々報道される内容でも、報道以外のチャンネルから入ってくる情報との違いで、
充分なことを報道しているのかなと疑問に感じることがあります。
なので、断片的な報道内容は判断材料のヒントにして、自分自身で考えるようにしています。

先日、菅総理が「調整中・・・」という言葉を発しましたので、「おやっ?」と感じました。
しかしながら、8月の動きはなかなか知ることができませんでしたが・・・

なので、先日、107円台前半でロングポジションを保有しました。
幸運にも成果を得ることができました。


次のブログランキングサイトへ登録しています。
にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ
   
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/889-e964075d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。