できる範囲での取引 - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » FX日記 » できる範囲での取引

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できる範囲での取引


今までのFX取引は、レンジブレイク中心に行なっていました。
どうしてもレンジ内取引は苦手意識というものがありました。


最近、スキャル取引を本格的に行なうようになって、
高値で売って、安値で買ってというレンジ取引を行なうようになりました。


但し、闇雲にポジションを持つことではなく、
また、期待感でポジションを持つことは行っていません。


根拠のないポジションを持つことは、
例えそれで収益を得られても、継続性のない収益ですから・・・


ポジションを持つために、何を根拠とするべきかを考えてエントリーしています。


現在、ポジションを持つために根拠としているのは、
一般的な指標ですが、パラメーターを変更して利用しています。
どなたでもご存知の指標ですが、パラメーターを変更することによって、
直近のレートの方向性が判断しやすくなっています。


判断できるのは、直近だけです・・・
数日後なんて神のみぞ知るでしょうか。
そのような天才的なことはできませんから、判断できる範囲にしています。


ただ、万能とはいきませんから、
判断に用いる指標がレート推移と乖離している場合は、様子見となります。
また、集中力の関係で、その持続時間内だけの取引にしています。


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/850-1ee85d01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。