状況に合わせた取引手法の選択 - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » FX日記 » 状況に合わせた取引手法の選択

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

状況に合わせた取引手法の選択


今朝(19日の早朝)、
FRBが公定歩合を0.5%から0.75%に引き上げたというニュースで、
市場は大きく反応しました。

そのために、通常の取引ではなく、安全策を選択しました。

小さく刻んで、収益を積み上げて、
その収益を吐き出しても構わないというところで、
通常の取引を行なうことにしました。

小さく刻むので、レバレッジは通常より高めに設定して、
労力と収益が見合うように調整して設定しました。

結果は、画像の通りですが、
最後の通常取引の収益は伸びませんでした・・・
先程、10pipsでT/Pして取引終了しました。
思ったより時間が掛かってしまいました。

週末なので、現在はノーポジションです。
時間的リスクを管理するのもFX取引においては大事なことだと思っています。
この時間的リスクのことは、改めてブログに書いてみようと考えています。

大きなニュースや声明・発言等で市場の動向が解らなくなることがあります。
その場合、極力リスクを避ける取引を心掛けています。

「市場動向に合わせた取引手法を選択するのもリスク管理」
と、個人的には考えています。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/849-a3b47442

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。