NY前のユーロドル(06/23) - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » NY前のユーロドル(06/23)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY前のユーロドル(06/23)


※ユーロドルの時間別レート推移 (レートは、FXCM提供のBIDレート)
・縦軸はレート(1.4000の場合は、1.4000~1.4009台のレート示現)、横軸は日付(日本時間)で、( )数値は曜日
・マス目の数字は、時刻(日本時間、1時間ごと)、オープンとクローズは赤字に色分け
・マス目の背景色分けは、15時~20時台、21時~5時台に区別(日本時間)、0時台も特別に色分け(日本時間)
・レート横の数値は、今月の出現度数(マス目)合計 (Mは日にち、Dは時間ごとの集計値、数値レベルごとに背景色分け)
・画像クリックで画像だけを表示できます。

きょうのNY時間前のユーロドルの状況は、画像の通りです。
現在(20:25)、1.3960~69のレベルです。

LDN前の時間から下値への推移を中心に思惑形成していましたが、
16時台になって、レートが上値への推移となりましたので、
東京時間のレート推移を囲む展開が考えられ、
1.3865レベルでのロングポジションでの取引となりました。
夕方からは、思惑以上の上値への展開になりました。

これからも上値への推移が続きそうな勢いですが、どうでしょう・・・
やはり、1.4050レベル付近の出現度数数値を埋めにいくのでしょうか・・・


ところで、
ハイスペックな取引環境によるFX取引は多くのFX投資家に支持を得ています。
巷では、盛んに、それらのFX事業会社は、
自社の取引環境が如何にハイスペックな取引環境であるかをアピールしています。
ところが、取引環境を顧客取引者に有利に条件変更したのに、
さほど、アピールしないFX事業会社があります。
アフェリエイトも大手アフェリエイト会社で、そのFX事業会社は見かけません。
粛々と取引環境整備に取組む姿勢には好感が持てます。
過去にも、顧客取引者に有利な事後処理を行なった経緯があります。
私も、その時は、恩恵に与りました。

いろいろと、ハイスペックな取引環境を提供しているFX事業会社での、
トラブルをブログに掲載して、情報発信されている方がおられます。
中には、顧客取引者が満足できる会社の存在もあること知っていただきたくて、
今回、ブログに書いてみました。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村
ブログの評価をお願いします。よろしければ、クリックをお願いします。
また、引き続きクリックをよろしくお願いします。励みになります。
クリックしていただいている間は、ユーロドルの推移表の掲載を続けます。

コメント
非公開コメント

気になります(^-^)

>ところが、取引環境を顧客取引者に有利に条件変更したのに、
>さほど、アピールしないFX事業会社があります。
>粛々と取引環境整備に取組む姿勢には好感が持てます。

なんて言う会社でしょうか。。。自分、とても気になっております^^ よかったら、昨日わたしがFX広場で作成しましたトピック覧にでも、ご記入いただけますと幸いでございます。。。

2009-06-23 21:59 │ from 川瀬URL Edit

Re:

川瀬さん、コメントありがとうございます。
送信しましたので、ご覧下さい。

2009-06-23 22:18 │ from mhURL Edit

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/823-08250103

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。