当月、今週までのユーロドル(2009/06/20) - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » 当月、今週までのユーロドル(2009/06/20)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当月、今週までのユーロドル(2009/06/20)


ユーロドルの日にちレート推移 (レートは、FXCM提供のBIDレート)
・縦軸はレート(1.4000の場合は、1.4000~1.4009台のレート示現)、横軸は月
・マス目の数字は、日にち(日本時間の06~05時を同一日として集計)、月初オープンは赤字、月末終値は青色に色分け
 但し、今月は週末終値も青色に色分け
・マス目の背景色分けは、1~10日、11~20日、21~月末に色分け
・レート横の数値は、今月の出現度数(マス目)合計
・画像クリックで画像だけを表示できます。

今週から、当月の日にち別レート推移表を掲載します。
1ヵ月のレート推移は縦に長くなり、一画面での画像保存が出来なくなる状態もあると思いますが、
できるだけ可能な範囲で掲載します。
また、前月の推移も当月のレート推移の範囲内で掲載します。

この日にち別推移表は、時間別推移表に付随して作成しているもので、
利用頻度は少ない状態です。
もっと、活用したらと思うのですが、デイトレード主体なので・・・
ただ、ディトレード以外の取引の場合は重宝しています。

今月も先月に続いて、1.3930~1.3989レベル区間での取引が多く行なわれています。
今月中旬は、特に顕著で、今月の出現頻度数値は10になっています。

先月の同一レベルでの出現度数数値は、画像には掲載できていませんが、
1.3560~69と1.3580~1.3639のレベルの8ですから、
今月は、一定レベルでの取引が多く行なわれている状況です。

これからの推移ですが、
先月から今月上旬まで続いた上昇局面は、今月中旬から転換しているように思われます。
その流れを受けて、順次、取引レベルが下降気味になるのが大きな流れから考えられます。
しかし、市場の推移は気まぐれですから、安易な思い込みでは思惑形成できません。

ということで、
・上昇する場合
・変動のない場合
・下降する場合
と、全ての場合を想定して思惑形成するようにします。週末に掛けて、思案してみます。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村
ブログの内容の評価をお願いします。よろしければ、クリックをお願いします。

よろしければ、引き続きクリックをよろしくお願いします。励みになります。
クリックしていただいている間は、ユーロドルの推移表の掲載を続けます。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/815-c11416ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。