ハラハラ、ドキドキのトレード - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » ハラハラ、ドキドキのトレード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラハラ、ドキドキのトレード

きょうもしろうとの戯言です。


他の方々のブログを拝見していますと、
「ハラハラ、ドキドキのトレード」
という言葉を目にすることがよくあります。

確かに、お金の増減が係っていますので、
心理的にそのような状況になることはよく解ります。
その状況もいろいろです。
取引している金額にも関係するかも知れません。


しかし、その「ハラハラ、ドキドキ」が、
取引の判断に影響するように、
極度の心理的圧迫を与えるものであったならば、
冷静な判断ができなくなる場合もあります。


何故、「ハラハラ、ドキドキ」するのでしょうか?・・・
取引をしていて、そのような状況になるのは・・・
殆ど、ポジションがアゲンストになっている場合で、
差入れた証拠金との関係も作用して、
「これ以上の損失が膨らめば・・・」
「早く、損失が解消されれば・・・」
という状況からではないでしょうか・・・


ということは、
そのような取引をしなければ、問題は解消されると思っています。


取引を行なう時、損失を限定してポジションを持つ。
その損失は、ポジションを持つ時に予め許容する決断をする。
ということを行なっていれば、
差入れた証拠金に関係なく、
「ハラハラ、ドキドキ」
ということにならないと思っていますが、如何でしょう?・・・


それでも、「ハラハラ、ドキドキ」するということであれば、
取引する数量による損益金額が、
自己の価値観と乖離していることもあり得ます。
その場合は、
自己の価値観と乖離しない範囲での数量に減額することも方法かなと・・・
そうではなくて、多少の損益額でも、
「ハラハラ、ドキドキ」するのであれば、
その緊張感を楽しんで取引に臨む以外は、
取引に向いていない性格とも考えることができます・・・
全ての人が取引に向いている性格ではないことは確かです・・・


取引だけでなく、過度のストレスを溜めては体によくありませんので、
ストレスを溜めないように取引していきたいものです。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/790-3cb5f634

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。