どこまで続く、対欧州通貨の米ドル売り - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » どこまで続く、対欧州通貨の米ドル売り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまで続く、対欧州通貨の米ドル売り

しろうとの戯言です・・・


先月から欧州通貨において、米ドル売りが続いています。
EURUSDは、1.32台から1.41台へ、
GBPUSDは、1.47台から1.64台へと、
この1ヵ月、着実に上昇しています。
特に、先月の中旬以降の上昇局面は、それまでより加速しているようにみえます。
きのうは、GBPUSDの上昇に弾みがつきました。


EURUSDは、
昨年の12月に1.45越えの局面がありましたが、それ以前では、昨年の9月のレベル、
GBPUSDは、
昨年の10月のレベルに到達して推移しています。
クロス円のEURJPY、GBPJPYも、
昨年の10月のレベルに到達しています。


一方、USDJPYは、3月に昨年の10月のレベルまで到達して、
その後は100円~95円での推移です。


この欧州通貨に対しての米ドル売りは、まだ続くのでしょうか?・・・


去年以前をみてみますと、
EURUSDは、2007年秋の上昇局面のレベル、
しかし、GBPUSDは、2007年秋のレベルには到達していません。


しろうと的には、


GBPUSDの方は、これからも上昇余地がとみてしまうのですが・・・
しかし、このところの上昇で、週足のDMIのDIPが50を越えています。
(EURUSDは、50に達していません。)
それに、週足での一目均衡表の雲の下限に近づきつつあります。
なので、一旦は、この上昇局面が足踏みするのではとも思ったりしていますが、
雲を一気に抜けていく局面も考えられます・・・


EURUSDの方は、昨年暮れに1.45レベルまで到達していますので、
その期間からみれば、レンジ相場で推移したとの認識が持てます・・・
レンジ相場がブレイクすれば、さらなる展開に・・・


どちらにしても、GBPUSD、EURUSDともに、
週足のDMIのDIMは低い数値になっていますので、
この上昇局面が止まることも頭の片隅に・・・

コメント
非公開コメント

ヒヤヒヤ ドキドキ

こんにちは mhさん
昨夜の爆上げは凄かったですね。
チャート ドキドキしながら見てました。
そうなんです。まだしぶとくユーロ円131S保有中なのです。(汗汗)

そろそろ調整下げ下げがくるのでは?(希望的観測です)

そういえばmhさん 最近巷で話題のMT4をお使いだとか?システムトレードとか出来るんですよね。また、使い心地とか報告して下さいね。

2009-06-02 16:41 │ from まろみぃURL Edit

Re:

まろみぃさん、コメントありがとうございます。

確かに、昨日の137円台までの上昇局面は急騰でした。
その後、136円を割込む推移になりましたが、
現在は、136円台を維持しています。
これからの動向ですが、
昨年の急落前のレベルから、
140円台へ向かう展開も考えておくこともありかなと思えるようになりました。
(あくまで、私観の思惑です・・・)
短期的には調整局面はあるでしょうが、
週足、月足からは上昇局面を示唆しているようです。
くれぐれも、リスク管理をしっかりとされてください。

MT4の方は、まだまだ準備段階です。
いずれ、またブログに書いてみます。

まろみぃさんのURLを教えてください。

2009-06-02 17:44 │ from mhURL Edit

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/788-396ae7d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。