10時での取引スタンス - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » 10時での取引スタンス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10時での取引スタンス

きのうのLDNFIXを境に、
ユーロ円は下落傾向で推移しています。
100pips以上の下落幅で推移しました。
米ドル円につられての推移です。


ユーロ円、米ドル円に関して、
このまま下落が継続するか、
どの位置で反転するか観察していこうと考えています。


午前中は動向をみながら、お昼からの取引を模索します。
また、クロス円のユーロ円での取引が難しいようであれば、
ユーロ米ドルか米ドル円での取引を模索します。
それでも難しいようならば、様子見です。


現在(10:00)、EURJPYは、129.90~130.00です。
判断基準としている状況は下記の通りです。
状況が継続するか否かの判断を必要とします。


15分足は、ロング < ショート
30分足は、ロング < ショート
60分足は、ロング < ショート


※ロング、ショートの強弱を記号(>、=、<)で表しています。
 ロングが強い場合は上昇傾向、 ショートが強い場合は下降傾向になります。

(追記 10:10)
10時を境に、ユーロ円は反発しています。
15分足、60分足では少し上昇気味の指標もありますが、
30分足は変わらずです。

(追記 10:20)
一旦は上昇した推移でしたが、10時レベルに戻ったようです。
指標もその分、変化しています。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/763-c58fa545

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。