これからの取引のヒントになった番組 - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » これからの取引のヒントになった番組

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの取引のヒントになった番組

きのうの夜、NHKのクローズアップ現代で興味ある話題を取扱っていました。
この番組は、放送の都度、PCで録画するようにして、
興味ある話題の時は、ゆっくり視聴するようにしています。

「勝負強さは脳が決め手訓練法」という番組名でした。
http://www.nhk.or.jp/gendai/
「集中してリラックスする」という脳科学者の茂木健一郎氏の話に、
相場取引でも同じことがと思った次第です。
集中して緊張するのではなく、リラックスです。

以前に、α波のことをある本で読んだことがありますが、
今回の放送でも、α波のことに触れられていました。
これからの相場取引のヒントになった番組でした。

普段から、いろいろなことに興味を持つようにしていますが、
何気ないことから為になることがあります。
今回も同様でした。


さて、本邦でも、FX取引に関しての見直しが検討されていますが、
米国でも同様に(内容の違いはありますが)検討されていました。
http://forexpress.com/columns/blog.php?ID=300&uID=ozeki
http://forexpress.com/columns/blog.php?ID=303&uID=ozeki

それを受けて、CMSが米国先物取引協会(NFA)が発表した新しい規則に基づき、
・両建取引の禁止
・最大レバレッジの制限
を決定しました。
http://www.cmsfx-japan.com/news/articles/0905112130.shtml

この米国の新しい規則ですが、
「本邦での見直しに影響を与えることになるのでは」
と、しろうとながらに感じていますが、どうでしょう・・・


きのうのEURJPYは、
ディトレードの思惑に近い形で、相場が展開してくれました。
事前にブログに書きましたので、
何とか133.20~30までは上昇して欲しいと思っていましたが、
運よく、133.50越えまで推移してくれました。

エントリーポイントだった132円台半ばから133円台半ばまでの上昇局面、
その後は、失速して下落局面に・・・
ロングポジションでは、
当初の設定レートの133.25でポジションの半分を、
残りは133.50で清算することができました。
その後、ショートポジションを保有。
132.25、131.25で清算することができました。

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/743-b65b617f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。