FXの取引の利回りについて・・・ - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » FXの取引の利回りについて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXの取引の利回りについて・・・

インターネットでは、FXの取引で原資の何百倍以上になったというサイトをよく見ます。
レバレッジ効果がありますから、不可能なことではありませんが、
これは、資金運用の世界の話ではなく、ギャンブルの世界の話と個人的には認識しています。

なぜなら、
外国為替市場では、世界中からいろいろな方々が取引に参入しています。
中には、とてつもない資金量を保有する参加者もいます。
しかし、彼らはレバレッジ効果を生かして原資を何百倍以上にする取引をしているでしょうか・・・
運用率を計算して、収益を得ることができれば取引を終了します。
投資資金ではなく、投機資金とされる彼らでさえ、一定のルールによって取引をしています。
もし、彼らが上記のインターネットのサイトのように、
原資を何百倍以上になるような取引を実行したとしたら・・・、市場は・・・

また、
そのような取引が確立されているとしたら、年率数百%の金融商品が販売されて当然ですが、
現実には、そのような市販されている金融商品を知りません。
(ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただきたいと思います)
LTCMが好調の時に、年平均100%(4年間で約400%)という数字を残していますが、その後、破綻しました。

アダムスミスの国富論の中に、「神の見えざる手」という言葉があります。
キリスト教文化が根底にある言葉と捉えていますし、
経済における倫理観、道徳観を示している言葉と認識しています。

やはり、資金運用は堅実な手法を選択することが重要と考えます。
短期間に原資を何倍にすることを目標とする取引は、ギャンブルの世界での話と思えます。
収益を確実に確保できる息の長い取引を継続したいので、運用率を求めてこれからも取引をしていきたいと思います。
目標は、年率60%としていますが、これでも高めの設定と自戒しながらの取引です。

※FX取引にギャンブル性を求めて取引される方もいらっしゃいます。
 その方々の取引を否定するものではありません。


◎ 当ブログ管理人おすすめのFX事業会社
(資料請求・口座の開設ができます。デモ口座も開設可能です。)
※ FXオンラインジャパン ・・・ 使い易い取引画面がお薦めです。
※ 外為どっとコム  ・・・ 情報、安定度がお薦めです。
※ セントラル短資 ・・・ 老舗の短資会社です。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/603-c27f07ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。