アセアニア通貨ペアとFXギャンブラー・・・ - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » アセアニア通貨ペアとFXギャンブラー・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アセアニア通貨ペアとFXギャンブラー・・・

アセアニア通貨ペアのレートが、FXを始めてからでは未知の数字になっています。
AUDJPYは60円台、NZDJPYに至っては50円台と・・・
両通貨ペア共、スワップポイント目的の為に人気のある通貨ペアです。
現在が底値と解かっているのならば、レバレッジを上げてロングポジションを保有するのですが、
今般の金融情勢からは、リスクがありそうで、大きなギャンブルのように思えます。

先月の3日にオセアニアクロス円のことを書いた時に、
AUDJPY、NZDJPYの10年間のチャートを月足で掲載しています。
http://blog.goo.ne.jp/mhfx/e/cc6fee21b68736e9db5c03d488c18146
それによりますと、この10年間の最安値は、
・AUDJPY 2000年10月18日の55.52
・NZDJPY 2000年10月19日の41.97
この安値を割込むことがあるのでしょうか・・・


ただ、2000年の10月の安値の時点と現在では決定的に違うことがあります。
それは、AUDJPYとNZDJPYの通貨ペアレートの乖離幅です。
通常は1,000pt前後から1,500pt前後の乖離幅ですが、現在は600~700ptとタイトになっています。
2000年10月は、1,355pt
2008年09月は、1,642pt
現在(9:35)AUDJPYは67.09、NZDJPYは59.86で、723pt
昨夜は600pt台でした・・・
AUDJPYのレート状況によって、この数値は変化しているようです。

時間がある時にもう少し考えてみようと思います。
チャートの動きだけ追って収益をいくら積み重ねたと、結果だけに一喜一憂しているだけでは、
ただのギャンブルと同じと思います。
そういうスタンスの方もおられるようなので、それはそれで結構なことですが、
しかし、いろいろな情報を得たり、考えたりしてスキルの向上を目指すことが自分自身のためかなと思います。
FXギャンブラーにはなりたくないというのが思いです・・・


きのうの深夜の配信で、為替市場関係者への調査結果がありました。
2008年10月09日 02:00 FXWave - ドルともユーロ売り予想急上昇
結果は、
ドル円DI(上昇-下落)は前週の-50.0から-63.6で「ドル安」、
ユーロ円DIは前週の-21.4から-77.3で「ユーロ安」、
ユーロドルDIは前週の+41.7から-77.3で「ユーロ安」
との見通しだそうです。


きのうの夜の取引は、レートスプレッドが不安定でしたので、取引はしませんでした。
無理に取引する必要もありませんので自重です。(9:55)

コメント
非公開コメント

FXギャンブラーですか?

「チャートの動きだけ追って収益をいくら積み重ねた」と判断しているのは、テクニカル分析によるもの、「いろいろな情報を得たり、考えたりしてスキルの向上を目指すこと」は、ファンダメンタルズ分析に該当すると思えるので、全く別の物であり、一概にチャートの動きによる判断で儲けたからギャンブラーだ、というのは言い過ぎじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか?

2008-10-09 11:11 │ from A.KURL Edit

Re:FXギャンブラーですか?

「チャートの動きだけ追って・・・」とあるように、
「単にチャートの動きだけを追って」ということです。
テクニカル分析はもちろん必須要因ですが、
それには、数学的知識の構築が背景にあってのことと捉えています。
数学的知識なしに、「単にチャートの動きだけを追う」ことだけであれば、
テクニカル分析を充分に為し得ているのだろうかと捉えています。
統計学、金融工学も齧りましたが、未だ、私は充分に理解できていない状況です。
表面的にテクニカル指標を用いてのテクニカル分析は、
本当に、テクニカル分析と言えるのでしょうか・・・

「いろいろな情報・・・」と書いたのは、
単に国際情勢の情報だけではありません。
レート状況の情報や上記のテクニカル分析に係る情報を含めての意味です。

ゆえに、全く別物とは考えていません。

初めての当ブログへのコメント書き込みをされた方のようですが、
もし、ブログを開設されてますのなら、URLを教えていただけますでしょうか。
確固たる見解をお持ちと推察しますので、一度、拝見させていただきたいと思います。

2008-10-09 12:01 │ from mhURL Edit

なるほど

いろいろな情報・・・云々のくだりの意味は分かりました。そう言うことなら別物ではないと判断できます。

ただテクニカル分析にそこまでの数学的知識が必要なのでしょうか?
ボリンジャーバンドの偏差など、それらが持つ数値の意味が分かっていないと、使っている意味がない物も多く存在します。
そう言った知識は必要ですが、それ以上の知識、例えば、あるテクニカル指標の数値を求める数学式まで理解する必要があるのでしょうか?
幅広い分野に於いて知識を吸収し、モノにしていこうとされる姿勢は十分理解できますが、テクニカル指標に於いて、それらの持つ数値の意味が分かれば使えるようなものも多い中で、あまりに深追いしすぎても、使いもしない漢字を覚えるのと同じで、ほとんど意味をなさないと思えます。
これを表面的だ、と仰るのならば、FXを行っているほとんどの人間が、テクニカル分析をまともに行っていないことになってしまいます。

ただ私が言いたかったのは、通常ローソク足チャートや、いくつかのテクニカル指標を見ながら取引を行うことを「ギャンブルだ」と仰っているのが言い過ぎなのではないか、そこに深い数学的知識までもが必要なのだろうか、と言うことです。

もちろん、ただ闇雲にいろいろテクニカル指標を並べ立てても何の役にも立ちません。それぞれの弱点を補うようにテクニカル指標を選んで使わないと、無意味です。
そう言う意味では、ある程度の知識が必要になってくるかと思いますが、これは基礎ですので、本を読めば載っていまし、各種セミナーでも同様のことを言われます。それでトレードが行えるのであれば、問題無いと思える、と言うのが私の考えです。

私は、ファンダメンタルズ分析が不得意です。あまり情報を取り入れたり出来ません。ですので、利下げが行われるらしいというニュースが流れた、それならここでエントリーなどという取引は実質不可能です。チャートを眺めながら、地道に取り組んでいくしかありません。
急激なレート変動があったときには、あとでニュースを読み、ああ、なるほどね、と思う程度です。

従いまして、私なんか大した人間ではありませんし、普通に勝っている程度の1トレーダーに過ぎません。ブログも日記のようなものですので、恥ずかしくてお見せできるようなモノではありません。mhさんのように毎日研究されてブログで公開していらっしゃる方は尊敬に値します。

と言うわけですので、私のブログの紹介は差し控えさせていただきたく思います。

2008-10-09 13:16 │ from A.KURL Edit

Re:

A.Kさん、度重なるコメント書き込みご苦労様です。

誤りを正すコメント書き込みをされて、尊敬していただかなくても結構です。
私のこの程度の稚拙なブログを「毎日研究・・・」と書かれたことには驚いています。
研究のレベルではありませんから・・・

ただ、「ギャンブル」に固執されるのはどうかと考えます。
FX取引においては、投機という文言がよく使われます。
投資と投機の意味はもちろんご存知だと思います。
投機はギャンブルに近い意味合いもあります。
本来、外国為替取引は実態を伴った多国間の貿易によるところの取引でした。
ですから、本邦では1998年までは一般の方々がFX取引をすることはできませんでした。
それから派生した短期間の為替益を求めるFX取引を「ギャンブル」と位置づけても、問題はないと思いますが・・・

2008-10-09 14:04 │ from mhURL Edit

Unknown

羊通貨やキウイ通貨は私も底になったら購入したいと思っているのですが、まだまだ底が見えない感じですね。
羊が80円台後半の頃これ以上は下がらないだろうと思ってスワップ目当てに購入したら、あっという間に10円以上下がってしまいました…。
つくづく先を読まない自分に嫌気がさしています。

今ももう底かなとロングの誘惑にかられますが、私もmhさんを見習ってギャンブラーでなく冷静なFXを心がけようと思います。
一時の10万円の利益より、毎日1000円でも確実にしていけるようになりたいです。

ではでは。

2008-10-09 14:26 │ from まねきねこたんURL Edit

大体分かりました

いえいえ、改行を上手く入れられなくて、読みにくい文章で申し訳なく思っています。

大体のことは分かりました。
まぁ意見の相違というのはどうしても発生しますので、
ああだこうだと言い合っても始まらない部分もあるかと思います。
ただ・・・ギャンブル云々については、ギャンブル=ほとんど何も考えずにバクチをしている、
と言うイメージがありましたので、ちょっと表現的にどうかなと思った次第です。
まぁFXもバクチ的な面もぬぐえないのは事実ですので、そう言う意見もありかなと考えます。

私の話に付き合っていただいてありがとうございました。

mhさんの取引は、いつみても素晴らしく思えていましたので、興味を持って読ませて頂いておりました。

またお世話になることもあろうかと思いますが、よろしくお願いいたします。

2008-10-09 14:34 │ from A.KURL Edit

Re:

まねきねこたんさん、コメントありがとうございます。

オセアニア通貨ペアのポジションメイク、なかなか難しい局面と私も感じています。
羊通貨はスワップ目当てどうでしょう・・・
結構、スワップポイントが変動しています。

自己嫌悪にならないようにしてください。
なかなか思うように物事はいきませんから・・・
冷静に、客観的にですね・・・

ゆっくり復活されているようで、頑張ってください。

それにしても、リーダーのブログ復活は未だでしょうか・・・

2008-10-09 14:46 │ from mhURL Edit

こんにちは

 キウィもオージーもここまでとはついぞ思いませんでした。過去のデータから現在の値段くらいはつけてたことがあったよなぁというのは知っていたのですが・・・。
 今は勉強と経験です。

 リーダーお忙しいのですかね?私も心配です。

2008-10-09 16:25 │ from kabuoURL Edit

Re:こんにちは

kabuoさん、コメントありがとうございます。
ブログの記事に2000年の安値の時の政策金利を併記すれば良かったですね・・・
ちなみに、
オーストラリアは、6.25%(現在、6.00%)
http://www.rba.gov.au/Statistics/cashrate_target.html
ニュージーランドは、6.50%(現在、7.50%)
http://www.rbnz.govt.nz/monpol/statements/0090630.html
でした。
FX取引をしていると、いろいろなことの勉強になります。

リーダー、未だでしょうか・・・

2008-10-09 16:44 │ from mhURL Edit

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/520-cc30613e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。