英銀行救済案の発表・・・ - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » 英銀行救済案の発表・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英銀行救済案の発表・・・

きのうの夜は、TBS系列の『あなたが聴きたい 歌の4時間スペシャル』を見ていました。
懐かしい曲がいろいろと流れて、その当時の記憶を甦らせてくれました。
特に、付き合っていた女性との思い出の曲は・・・
妻には悪いですが・・・
という訳で、FXの取引は夕方の取引だけでした。(後述)

きょうは、英銀行救済案の発表が日本時間の15:00からあるそうです。
きのうのブログでも書きましたが、
・マン インベストメンツ、ヘッジファンドを閉鎖
というニュースもありました。
欧州の銀行は、日本の銀行と違って預金量以上の貸し出しを行なうことがありますので、
今回の金融情勢では、大きな影響が出ている(出てくる)のではと思っています。
そして、EURの過大評価という問題も生まれてきています。

また、7日に発表されたFRBの支援策で、
CP融資窓口制度を創設し、
3カ月物無担保CPおよび資産担保CPを適格の発行体から直接買い取ることになっていますが、
これまでのところ、この支援策でも信用市場を再び機能させることにはつながっていないようです。
9月18日のブログで、
クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場という市場のことを書きました。
http://blog.goo.ne.jp/mhfx/e/4555c4ba8fd281f3544c767db624ad0a
※クレジット・デフォルト・スワップ(Credit default swap)は、
 貸付債権の信用リスクを保証してもらうオプション取引。
 従来の銀行保証をデリバティブに作り変えたもので、
 貸付債権にデフォルト(債務不履行)が起こった際に、その損害額を保証。
この市場は、約62兆ドル(邦貨で約6,200兆円超)という巨大市場です。
この市場は他の市場、債券、為替、株式市場等に影響を与える市場です。
AIG救済策もこの市場の問題が起因しています。

問題解決には、まだまだ道のりは遠いようです。


きのうの夕方、16時を廻って、JPY買いの展開になればということで、
・USDJPY
ショートポジション  エントリー 102.50  リミット 102.00
・EURJPY
ショートポジション  エントリー 139.00  リミット 138.00
を設定しました。
両方共エントリーでき、設定リミットで精算できました。(9:55)
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/518-b188a72d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。