円、クロス円の下落・・・ - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » 円、クロス円の下落・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円、クロス円の下落・・・


チャートは、ドリームバイザー社提供http://www.dreamvisor.com/   本内容について、ドリームバイザー社は一切の責任を持ちません。
提供元、配信元の承諾を得て掲載しています。

きのうは、22時以降に急激な変動がありました。
19時からTVタックルを見ていたので、レートを見たのは22時過ぎでした。
その後も、USDJPY、EURUSD、EURJPYは下値への展開に・・・
LDNフィックスに向けて、円、クロス円は一段の下落でした。
それに較べて、EURUSD、USDCHFの動きは大きくありませんでした。

レート動向を見ていたら、スプレッドの拡がりを確認。
取引に入ることはしませんでした。
24時を過ぎた段階で、未だ、通常のスプレッドに戻ることはありませんでした。


今朝のレートは画像の通りです。

24hourのボリンジャーバンドでみれば、
第2標準偏差で収まっていないのは、USDJPYとEURJPY、EURUSDです。
確率的に考えれば、第2標準偏差内に収まる動きになるのでしょうが、
第2標準偏差の値も変動しますから、現在のレートとの間でどのような変動になるかでしょう。
それにしても、クロス円の動きには驚きました。
1hourのボリンジャーバンドでは、全て第2標準偏差で収まっています。

※各標準偏差における確立
・第1標準偏差の間に値が存在する確率は68.3%
・第2標準偏差の間に値が存在する確率は95.5%
・第3標準偏差の間に値が存在する確率は99.7%


もし、クロス円のロングポジションを保有していたら、ストップを設定して精算しているか、
他のクロス円のショートポジションを保有して、損失を押える方法を執らざる終えなかったでしょう。


現在は、比較的落ち着いた展開になっています。
確率論に基づいてレートが推移するのか、それとも、未だ確率論に基づかない推移をするのか、
動向を見ていきたいと考えています。(9:50)

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/516-53b439a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。