通貨ペアの選択・・・ - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » 通貨ペアの選択・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通貨ペアの選択・・・


USDJPY、USDCHFの取引時画面、青線が買い赤線が売りと現在レート金色線がクローズ

きのうの夕方、16時に向けて、EURUSDの下落が続いているので、
USDJPYのエントリーを考えていましたが、どうも波長が合いません
クロス円の下げが影響しているのでしょうか、
5分足、10分足のレート推移を推測してみるのですが・・・思わしくありません。


今回、USDJPYとUSDCHFを、
同時にオーダーエントリーしてみることにしました。

USDCHFはEURUSDと反相関の関係にあり、
係数も非常に-1に近い通貨ペアです。
USDJPYと違って、USDCHFのレート推移を推測してみると、
割合に推測に近い動きに・・・
双方の通貨ペアで、トータルでの収益確保を試みました。


もちろん、下落で推移しているEURUSDのショートポジションも設定しました。
そして、GBPUSDも同時に設定しました。


・USDJPY ロングポジション エントリー 108.80 リミット 109.20 ストップ 108.60
・USDCHF ロングポジション エントリー 1.1220 リミット 1.1250 ストップ 1.1190
・EURUSD ショートポジション エントリー 1.4300  リミット MACDの反転まで
・GBPUSD ショートポジション エントリー 1.7740  リミット MACDの反転まで


全てポジションの保有はできましたが、
USDJPYはリミットに到達することなく下落に・・・、
結局、108.90でポジションを閉じました。
一方、USDCHF、EURUSD、GBPUSDは順調に推移しました。
GBPUSDは一時含み損が発生しましたが、MACDの方向性が変化しないので、
そのままポジションを保有しましたが、すぐに、含み損は解消されました。
USDCHFは、リミットを変更して1.1280で、
EURUSDは、MACDをチェックして1.4220で、
GBPUSDも、MACDをチェックして1.7620で精算しました。
MACDを使用する時は、10分足を使うことが多いです。


きのうの取引で通貨ペアをUSDJPYに限定していたら、
それほど収益は生まれなかったと振り返ります。
取引した通貨ペアで収益を積み重ねられたのは、
EURUSDとUSDCHF、GBPUSD。
全て、対USDストレート通貨ペアです。
きのうの通貨ペアの選択は正解だったと思います。(9:20)



取引収支累計 365pt(今週) 780pt(今月)

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/451-94224eb2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。