EURの全面安・・・ - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » EURの全面安・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EURの全面安・・・


きのう3回目の取引検証チャート(EURUSD) 青線が買いオーダー、赤線が売りオーダー

きのうの23時半過ぎのFXWaveの配信で、

ユーログループ議長でルクセンブルグ首相兼財務相のユンケル氏の、
・ユーロはドルに対し、過大評価されている
・EURUSD、1.44ドル割れを歓迎
と発言を知りました。

この発言を受けて、EURは一段と全面安となりました。
この発言は、各配信先の予定にはなかったと思うのですが・・・
私のチェックミスでしょうか。


その結果、EURUSDは、夕方の1.45台付近から1.43半ばまで下落。
ほぼ同時期には、USDJPYも下落を続けており、
その相乗効果でEURJPYは、157円台から154円台へと急落になりました。


対USDストレート通貨ペアも急激な推移を展開することがあり、
ポジションの取り方を間違うと損失が膨らむ場合があるのですが、
きのうは、EURJPYのような、
掛け算通貨ペアの危険性が一気に現れた状況でした。

その後も夜中中、下落が継続したようです。
朝、レートチェックして驚きました。


きのうのFX取引の方は、
午前中のAUDJPYのショートポジション、エントリー 90.20、リミット 89.90
夕方のUSDJPYのロングポジション、エントリー 108.20、リミット 108.50
そして、
夕方の取引を終えて、ゆっくりしていたのですが、
20時を過ぎたあたりから、EURUSDのレート振幅が一定幅になり、
また、ボリンジャーバンドのバンドの幅も狭くなってきましたので、
22時過ぎに、エントリーオーダーを設定しました。
ロングポジション エントリー 1.4500
ショートポジション エントリー 1.4460
今回は2回の取引を終えているので、
損失がなければ良いというスタンスで、リミット幅を設定せず、
MACDの先行線が遅行線を上抜けるまでポジションを保有することにしました。
使用したチャートは5mです。
ポジション保有中に前述の発言があり、EURUSDは一段と下落しました。
結局、MACDの先行線が遅行線を上抜けるまで待たずに、
1.4350でポジションをクローズしました。
取引検証チャートを掲載します。
EURUSDの1.4000割れの噂は本当でしょうか・・・(9:40)

取引収支累計 325pt(今月:今週 同値)

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/439-75b1020e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。