これからの局面・・・ - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » これからの局面・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからの局面・・・

7月からの
ヨーロッパ通貨売り/米ドル買いの通貨ペアの推移には凄まじいものがあります。
GBPUSDを筆頭に、EURUSD、USDCHFの各通貨ペアです。

しかし、USDJPYは上記の通貨ペアと同様な推移ということにはなっていません。
8月中旬以降、下落傾向にあります。

クロス円に関しては、
ヨーロッパ通貨のクロス円(CHFJPYを除く)より、
オセアニア通貨のクロス円の方の下落の方が先行して始まりました。

きのうのブログでも触れたように、
オーストラリアの政策金利が数年来引き上げが継続されてきましたが、
今回引き下げとなりました。
次回の政策金利の変更も、単発の引き下げだけのケースがないために、
引き下げられる傾向が強いと認識しています。

ということは、
FXを始めてからは、初めて経験する未知の世界に入ったということでしょうか・・・
投資経験はありますが、FX取引においては未知です。

オーストラリアの通貨動向の影響を
ニュージーランドも少なからず受けることになるのではと思っています。
また、オセアニア通貨のクロス円の動向が、
他のクロス円、USDJPYに影響を及ぼす恐れはどれ程でしょうか・・・

ここ数年間、クロス円に関しては上昇局面の展開でしたから、
安易なロングポジションでも収益を得ることができていました。
これからは難しくなるかも知れません。
当然、長期トレンドのシナリオは従来の方法では描けない状況・・・
でしょうか。(個人の力量差がありますが・・・)

先が読めない局面を乗り切る方策が必要と感じています。
そのためにも、短期取引をより充実させたいと考えています。


きのうの取引は、13時前に、
EURUSDのショートポジションをエントリー1.4490、リミット1.4460
で、オーダーしました。
16時前からは、USDJPYを苦手なレンジ内取引で、
ロングポジション、エントリー108.85、リミット109.05
ショートポジション、エントリー109.00、リミット108.75
で行ないました。
(9:55)

取引収支 155pt(今月:今週)

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/435-fbe151c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。