情報の取捨選択・・・ - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » 情報の取捨選択・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報の取捨選択・・・

きのうのブログは5回も更新していました。最後の1回は補足でしたが・・・
最近は、FX以外の話題も入れて、ジャンルを変えていましたが、
やはり、FX中心の記事のジャンルは為替で登録することにしました。


きのうの夕方に入った情報で、

米ISM指数の件で、
「欧州通貨売り・USD買いポジションの巻き戻しの可能性も」
は、信憑性のある情報でした。


直前の再配信では、指数は50と予想通りに修正され、
個人的には懐疑的になりましたが、
49.9と当初の情報の通りとなりました。


指数発表を受けて、
EURUSDは、1.4500付近から1.4540越えへ (約40pt)
GBPUSDは、1.7830付近から1.7880越えへ (約50pt)
USDCHFは、1.1080付近から1.1050付近へ (約30pt)
各レートが推移しました。
USDJPYは、109.05付近から108.55割れ (約50pt)
への推移でした。

取引は、既にAUDJPYで行なっているので、
今回のこの指標発表時は行ないませんでした。

情報の取捨選択は難しいです。


きのうに続いて、FX取引のことについて書いてみます。

今までの取引の中で、成功例と失敗例は数多くあります。
その中で、顕著な事例があります。
しかし、記録していないと詳細は忘却の彼方です。
うる覚えで記憶していても情報としては役にたちません。

そこで、私が執っている方法は、
利用したチャートでの画像保存をしています。
利用するのは、エフエックス・オンライン・ジャパンの取引画面です。
ここのチャートは、ポジションをオーダーした時点でエントリーラインが自動的に引かれます。
クローズオーダーも同様です。
ポジションが解消されれば消去されますが、
水平ライン、垂直ラインをいつでも引くことができるので、
エントリーライン、クローズライン、エントリータイム、クローズタイムを引き、
一連の取引形態が一目で解かるようにしています。
ブログTOPのご案内にリンク先を掲載しています。
デモ口座でも可能ですので、興味ある方は試してみてください。

パソコンは便利です。その画面を、Print Screenを用いて保存します。

保存された画像には、
にエントリーラインとクローズライン、エントリータイム、クローズタイムの他に、
判断に用いたテクニカルデータも一緒に記録されています。

特に、失敗した場合、大きく利確した場合を保存しています。
そして、週末に取引を振り返る時に、また、取引の判断に迷った時に利用しています。
参考事例としての財産になっています。
但し、試みられる方は分類をきっちりとされた方が良いでしょう。(9:30)

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/432-f759b726

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。