FX関係での証券取引等監視委員会の発表 - ときどき雑感&FX取引

ときどき雑感&FX取引 ホーム » スポンサー広告 » 旧ブログからの移行分 » FX関係での証券取引等監視委員会の発表

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX関係での証券取引等監視委員会の発表

おはようございます。

きょうは、あまり良い話ではありません。
証券取引等監視委員会が、平成20年6月20日付けで、
ヒロセ通商株式会社に対する検査結果に基づく勧告について
という発表をしていることです。
http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2008/2008/20080620.htm

このブログにもアフェリエイト提携先として掲載していたFX取扱会社です。
FX業界においては、
知名度もあり信頼できる会社と判断して掲載していたのですが、
誠に残念なことです。

事実関係は、勧誘に関するもので、
悪質極まりないというような内容ではありませんが、
法令遵守という社会的責任からは逸脱した行為を行なったということは、
今般の情勢からも勧告対象になるのでしょう。

なぜ、ヒロセ通商程の会社が、このような行為を行なったのか、
甚だ疑問に感じています。
それほど、FX業界においては逼迫している事情があるのでしょうか?
また、経済的実被害が出ていない行為が明らかになる過程にも、合点がいきません。

とにかく、このブログからアフェリエイトの掲載は、削除しました。

先月も、
SBIイー・トレード証券株式会社に対して検査結果に基づく勧告
http://www.fsa.go.jp/sesc/news/c_2008/2008/20080513-1.htm
ということが行なわれています。
残念なことです。


現在保有のポジション、AUDJPYはロングで保有継続中です。
USDJPYは少し違った推移を、
EURUSDUSDCHFは、先週末からの流れの範囲内で推移しているように見えます。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://mhkjp.blog129.fc2.com/tb.php/350-7b1a724d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。